跳至产品信息
1 / 12

auldguitars

Nashville Guitar Company D style 1996

Nashville Guitar Company D style 1996

常规价格 $0.00 AUD
常规价格 促销价 $0.00 AUD
销售额 售罄
含税费。

ナッシュビルのルシアー、マーティン・ランハムが1996年に制作したギターです。

ヘリンボーンのバインディング、ロングサドル、ラージサウンドホールなど、1930年代のD28スタイルです。トップはスプルース、サイドバックはローズウッドです。

相当弾き込まれた形跡があり、全体に傷、すれなど多くあります。目立ったものとしてはサイドに割れ補修跡があり、裏からパッチが施されしっかりと修理されています。ネック裏は塗装が剥げかかっている部分があります。またフレットは新しく打ち替えられており、減りはほとんどありません。トラスロッドはアジャスタブルでは無いスクエアロッドのため、ネック調整はできませんが、現状ネックはほぼまっすぐで、元起きなどもありません。弦高は12フレット位置で6弦2.0mmが1弦が1.5mmと低めにセッティングされており、サドルの残りは少ないです。

低音が豊かで、フラットピッキングでは歯切れ良く、フィンガーピッキングではアタックの効いたふくよかなサウンドです。

非純正のハードケースが付属します。

試奏動画(youtube)はこちらです。

 

Nashville luthier Martin Lanham created this guitar in 1996.

It is a 1930's D28 style with herringbone binding, long saddle, and large sound hole. Spruce top and rosewood side back.

There are many scratches and scuffs on the entire instrument, which shows signs of having been played quite a bit. There is a noticeable crack repair on the side, which has been repaired with a patch from the back. The back of the neck has some peeling paint. The frets have been recently replaced. The truss rod is a square rod, not adjustable, so the neck cannot be adjusted. The string height is set low at the 12th fret position with 2.0mm on the 6th string and 1.5mm on the 1st string, and there is little saddle left.

The bass is rich and crisp when flatpicking, and full with attack when fingerpicking.

A non-genuine hard case is included.

Click here for a test playing video (youtube).

Top:Sitka Spruce
Side:Indian Rosewood
Back:Indian Rosewood
Pick up:None
Nut width:43mm
Scale:645mm
Case:Non Original Hard Case

查看完整详细信息